禁風俗!3日もたない説

お世辞上手は床上手。間違いない!

お世辞が上手な風俗嬢は床上手。これは間違いないですね(笑)お世辞が上手ってことは、それだけ相手のことを考えているってことだと思うんですよ。何でお世辞を言うのかっていったら、別にお世辞を言いたいからじゃなくて、お世辞を言って相手を上機嫌にさせたいってことじゃないですか。つまり、相手のことをしっかりと考えているってことですよね。だから床上手なんです。床、つまりはベッドでも相手のことを考えてのプレイを心掛けてくれる存在だってことを意味していると思うですよ。自分のことを考えるのか、それともお客のことをしっかりと考えてくれている風俗嬢なのか。これによって、お客側の満足度は全く違うものになると思うんですよね。むしろそれが一つの判断材料にもなると思うので、風俗で楽しむのであれば、お世辞上手を選んでみるのも悪くはないんじゃないかなって思いますよね。これに関しては、かなり信憑性の高いデータかなって思います(笑)

見ておいて良かったなって

ホームページを見ておいて良かった。そう思える一戦となったのは、やっぱり風俗も人間同士のコミュニケーションが軸になるからこそですよね。風俗は女の子が気持ち良くさせてくれるものですけど、女の子がどれだけのパフォーマンスを見せてくれるのかは、女の子のいろいろなことが関わってくると思うんですよね。その日のコンディションや気分もあるでしょうし、こちらへの気持ちもあると思うんですよ。嫌なお客って印象を抱いてしまった相手よりも、良いお客さんだなって思ってくれた方がきっと頑張ってくれるんじゃないかなって思うんですよね。だからこそ、ホームページで女の子のプロフを必ず見るようにしています。ホームページにはいろいろなことが掲載されていますけど、風俗店そのもののことだけじゃなく、女の子のパーソナルデータも掲載されているじゃないですか。好きな食べ物とか趣味とかだけでも見ておけば、共通の話題も出来るので、そこで相手との距離を縮められますし。