禁風俗!3日もたない説

どれくらいがいいんだろうと悩む

風俗の頻度に関しては、未だに自分でも悩んでいるんですよ(笑)明確な答えが出ないので、どんなペースが良いのかなって。今は自分が遊びたいなって思った時に遊ぶようにしているので、明確にペースを設定している訳じゃないんです。そのくらいが良いかなって思った時に遊ぶ。それを徹底しているんですけど、他の人の声を聴いていると、割とペースを設定している人が多いんですよね。それに、ペースを設定していた方がそれなりに計画的に楽しんでいるのかなって気持ちもするので、憧れる気持ちもあるんです。その一方で、風俗は気分で楽しむものなので、あまり厳密にそういったことを決めるのではなく、自分の好きなように楽しむくらいで丁度良いものなんじゃないかなって気持ちもあるんですよね。どちらが正解なのかは自分でも分かりませんけど、とりあえずマイペースに楽しませてもらっています。気負わない方が結局は良い結果になるんじゃないかなって思いますしね。

献身的という言葉が似合う子でした

「献身的」という言葉がこれ以上似合う風俗嬢はいないんじゃないかとさえ思いましたね。彼女は常に男のJことを考えてくれているのはもちろんですけど、物凄く丁寧なんです。丁寧でネットリなプレイを常に心がけてくれているのが自分の中で相当ポイントが高まっている理由なんですよね。丁寧だからと言っても決してやる気がない訳じゃないんです。むしろ彼女自身、丁寧でじっくりと攻めた方が男が好きだってことが分かっているんでしょうね。だから中盤までは焦らずにじっくりと攻めてくれたんですけど、中盤を超えた辺りからは激しさも出てきたんです。そこで思ったんです。彼女は風俗嬢として必要なスキルもしっかりと持っているんだなって。丁寧なのも、男のことをよく分かっているからこそなんだなってことに気付かされたんですよね。だから風俗では彼女のような献身的な女の子こそ、選ぶべき価値のある存在なんじゃないかなって。最後のご奉仕まで本当に丁寧でしたし。