禁風俗!3日もたない説

大人しくて上品な風俗嬢、いいですね

大人しいというか上品と言うか、受け身と言うか初々しいというか、そんな風俗嬢との時間はかなり刺激的なものになったかなって思っています。自分自身、風俗で遊ぶ時にはアグレッシブな風俗嬢を選ぶことが多かったんです。攻めてもらいたいって気持ちが強かったので、それなら選ぶべき風俗嬢はアグレッシブなタイプだろうって思っていたんですよね。だからこの前の風俗嬢は自分の好みからすると、ある意味対極と言っても良いじゃないですか。だから自分にとってはどうなるのか未知の領域でもあったんですけど、彼女との一戦は本当に新鮮で刺激的なものになりました。反応が初々しい部分もありましたし、あまり性的なものを連想させない子でもあったので、表情も堪らないものがありましたし、恥ずかしがっているのも良かったです。ああいった形で女の子ことをいろいろと攻めたのはもしかしたら自分でも初めてかもしれないので、とっても刺激的な風俗の時間になりましたね。

風俗の世界で大切なのはやはり…ソープ

これまでにいろんなジャンルの風俗で遊んできた自分ですけど、ようやく終着駅を見つけたような気がします。それはソープです。ソープは風俗の中でも別格に思われていますし、自分もそう思っていました。他の風俗とはどこか違う。そんな気持ちを持っていましたけど、その気持ちは嘘ではないというか、むしろ違いが分かってきたんです。ソープのプレイそのものだけじゃなくて、ソープの子たちは基本的にレベルが高いし、それでいて言葉遣い、礼節、応対。すべての面で素晴らしいです。風俗云々抜きに、接客業者としてハイレベルなんじゃないかなって思いますよね。それくらいいろいろなことを楽しませてもらえるので、ソープに行った後は満足感も半端ないんです。性的な快楽を得られた満足感だけじゃなくて、男として、人として、様々なことに満足することが出来たんじゃないかなって思っているんです。それくらい、ソープは楽しいものだなってことが分かってきたってことです。